ファイバーレーザー

■研究によって積み重ねたレーザーマーキングノウハウ

特許取得済み 特許第6016845

表面にレーザーを照射することで、文字や模様、絵を描くことができます。

従来、平面の物体にしか射出することのできないレーザーマーキングを、

当社の特許技術により曲面へのマーキングを可能としました。

ボールペンに対して、約360印刷することが可能です。

CADソフトで制御することで、1/10mmまで正確に印刷することが可能です。

 

また、インクを使用していないため印刷面が消えることがありません。

模様が入った部分を指でなぞってもつるつるして「溝」を感じることはなく、

出力・スピード・周波数変えることにより、色味をコントロールすることが可能

もともと工業機械の打刻に使用されている技術を、ノベルティに施すことにより、

新たな価値を提供できるようになりました。

熱に反応して色味が変化する「ヒートグラデーション」を利用し、

金属板への色づけを実現します。

局所的にレーザー光のパラメータを変化させ

まるでフルカラーのようなデザインを金属にマーキングします。

 

↓チタン板へのファイバーレーザーマーキングの一例